投稿

MUSIC=OPERATORの進捗について

以前書いた記事に載せた、現在製作中の音楽ゲームですが、

進捗はありません。ごめんなさい。 ですが、全くないわけではないのでいくつかご報告を。

まず、本ゲームのAndroid移植が決定いたしました!(・ω・ノノ゛☆パチパチ なにより利用させていただいてるDXライブラリがAndroid対応してくれたおかげです。 これは今秋以降にまた進捗のご報告ができたらなと思います。
そして、楽曲募集状況ですが、2曲集まっている状態です。ありがとうございます。 今のところは採用確定です。譜面作り頑張るぞいo(・`д・´。)
まだまだ募集しておりますので、是非よろしくお願いします!
こちらがMUSIC=OPERATOR楽曲募集ページです。
↓MUSIC=OPERATOR https://t.co/eFRqt3dPlI

天下一メダゲ祭、出ますw

イメージ
久しぶりの投稿になります。

音ゲー進捗は大学の方が忙しくなってるため全然進んでませんw
けど曲募集ページは1月中には公開します、待っててください。



それとは別に天下一メダゲ祭って知ってますか?


JAEPO&闘会議内のアドアーズ主催イベントです。

くわしくはこちら
http://www.adores.jp/medagesai/



それに当選しましたw












もしかしたらニコ生で映るかも知れないっすねw

予選は(最大)320人→64人で、1組あたり40人→8人になると思いますがペアの場合どうなるんだか・・・

そう、ペアで申し込んだんですよw
皆伝と出ます。
皆伝と暴龍天ですねw


どうなるか楽しみに2/12を待ちましょう。それではw

新年のあいさつと音ゲー製作近況

明けましておめでとうございます。

もう5日だけど!!!!!!!!


年末年始、私にはほとんど休みなんてありませんでした、2日以外はずっと動いてましたねw


そんな中既に講義に来ている私、もうしんどいですね。帰りたい。寝たい。



話かわりまして音ゲー製作ですが、なんとかCCS2016冬作品集に搭載しました!やったね!

まだまだバグも多いゲームですが、様々なところから高評価もらえて大満足です。(譜面は大批評)

11月頃に行われるであろうデジゲー博を第一目標に作っていきたいと思います!

近いうちに楽曲公募も行う予定なのでよろしくお願いします!


それでは本年もよろしくお願いしますね!(´∀`*)

製作中の音ゲー紹介と誰でも作れる音ゲーの作り方(誰でも作れるとは言ってない)

イメージ
こんにちは、こまつなです。

この記事は、CCS Advent Calendar 2016の記事です。

人によってははじめましての方もいるかもしれませんが、一応CCS3年でプログラマを担当しております。

今回、私は現在製作中の音ゲーと、音ゲーの簡単な製作方法(とんでもなく適当)について書いていきたいと思います。

読みたい人だけ読もう。割と長いから。
1,製作中の音ゲーについて
まず、現在製作中の音ゲーについて。
以下の画像をご覧下さい。
2つのレーンにそれぞれ左は「L」、右は「R」のノーツが降ってきます。
ゲームパッドのLRボタンに対応します。

それに加えて、レーンがそれぞれ移動します。
以下の画像をご覧下さい。
右のレーンが右へ移動したあと、すぐに戻るようにノーツが置いてあります。
これは、ゲームパッドのアナログスティック、または、十字・○△□×ボタンに対応します。
レーンのみ、アナログスティックで操作する感覚です。

こんな感じのゲームを現在製作中なのですが、3D風にするため、レーンの端が切れてたり、かなり苦労している状態です。
なんとかC91のCCSのディスクに入れられるよう頑張りたいと思います。

今後は、C92で1サークルとして出たいと思っています。


ここで、1つ問題があり、現在収録曲が全く集められていない状況です。
譜面制作ツールはのちのち制作するとして、とりあえず収録曲が必要なのです。

冬コミ版に入れるのは難しいですが、C92以降でどなたか協力していただける方、@starealnightにリプライを送るか、starealnight@gmail.comにメールを送っていただけると助かります。
よろしくお願いします。


2, 誰でも作れる音ゲーの作り方 こっちがメインなはず()

音ゲーの作り方と言ってもそこまで詳しく説明するわけではありませんのでご了承ください。


今回は、弐寺やポップンなどのように、上からノーツが降ってくる&判定ラインで判定するようなゲームを作るということにしましょう。

やることは大きく分けて3つ。
①譜面の読み込み
②ノーツの設置(動き含む)
③判定


順番に説明しましょうかね。


①譜面の読み込み かなり重要です。これを一番最初にやらないと詰む。というか後からやると実装不可能になる可能性すらある。
「音ゲー 作り方」でぐぐるとそれなりに出てく…

幸せに生きるってなんだろう

突然重い内容になってすみません。Twitterでこういった内容を見かける度に口出ししたくなるので書き記します。幸福とは何か。あなたは幸福という言葉を聞いて何を考えますか?たくさん寝ること?美味しいものを食べること?ゲームをすること?人それぞれ違う幸福があると思います。そんなのはそれぞれ生まれも生き方も違うんだから当たり前。けど、自分が思うには、ストレスを感じないこと、これが第1だと思うんです。ストレスを感じないようにする、もしくは回避する、これが人生とも取れなくはない。人間ってのは脆い生き物だから、精神が壊れてしまうと直すのは難しい。だから回避しなければならない。今回はこれだけ。深くもなんともないね。それでも人生の方向を考え直す鍵になってくれると嬉しいですね(*'ω')

2016年 熱海旅行 2日目

イメージ
熱海旅行1日目の続きとなります

2日目、まずホテルにあるゲームコーナーへ。そうこのホテルにもそれなりにすごいゲームコーナがあるのだ。

はいこちら。


でました初代ミュージックガンガン!
横にはエラー吐いてる頭文字Dとポッピングロード(これは割と稼働してるところある)がありました。

外にもワニワニパニックがあったり、ほかの部屋にはメダルコーナーもありました。

そのホテルは「伊東園ホテル熱海館」。
熱海館だけではなく、伊東園ホテルのグループ自体がゲームコーナーをとてもよく設置しており、宿泊費も安いとてもありがたいホテルなのである。

次回も是非利用してみたいと思う。


そして熱海をあとにして次に向かった場所はなんと吉祥寺。


吉祥寺に来たかった理由は1つ。ゲーセンとは関係がないが、あのカップ麺で有名になったとも言える、油そばぶぶかの本店の場所である。



ヤサイ増し・マヨネーズ・卵トッピング油そばである。

カップ麺のぶぶかも大好きだが、本店の油そばのおいしさもすばらしい。
吉祥寺に行ったら必ず食べよう。


そして最後の目的地、WGC(World Game Circus)へ。


中の様子は撮影していないが、一時期有名になったDJ TECHNIKAなどなど珍しい海外製の音楽ゲームが多数置いてあるお店である。
地元のお客さんで賑わっていたのと、周りの外観的に少し入りづらいが、中は音ゲーの音で溢れていた。


とても満足できる旅行であったが、やはり熱海城でもっと遊びたかったので、次回来るときは熱海城を最初の目的地にしようと決意した。

興味が沸いたら是非行ってみて欲しい熱海であった。

2016年 熱海旅行 1日目

イメージ
今更感満載ですが、夏に行った熱海旅行の紹介をしたいと思います。


今回の旅行の目的は「ゲーセン巡り」。某ゲーム番組でやっていて実際に行ってみたいと思ったためである。


計2日間で行ったがかなり満喫できた。

初日、JR船橋駅からすぐに熱海駅へ向かう。途中下車なしである。

熱海駅そばのビル地下で地魚丼(1100円)をいただいた。



熱海第一ビル B1F お食事処「さくら」


半分くらいなんの魚かはわからなかったがかなり美味しかった。これだけの種類を食べられる場所はここくらいだと思う。


そして足湯に入ったりしてからバスで熱海城のケーブルカー乗り場へ。

バスに乗っている時の風景


ケーブルカー下にあったゲームコーナー。

ケーブルカーそばのゲームセンター。品揃えはあまりよくないが、電車でGO!や太鼓の達人(9代目とか)があった。でも1クレで1曲しか遊べないのはどうなんだろう・・・。


そして第一のメインスポット秘宝館へ。ここは入口以外は撮影が禁止されているため、写真が撮れなかった。
平日にも関わらず結構多くの人が来ていた。どういったものがあるかは自分の目で確かめてほしい。だがR18である。



熱海秘宝館


そして次の目的地、熱海城へ!


熱海城外観

熱海城内ではなんと着物の体験や肥桶の担ぎ体験(担ぐだけだが)等体験物が多く、子供でも飽きないような工夫がされている。

そしてなにより地下ゲーセン!
ミュージックガンガンやラブプラスアーケード等、今は稼働していないようなゲームが大量に置いてあり、そしてなんとそれら全てフリープレイなのである。

ミューガン2。今稼動してる店舗ってほとんどない。


ラブプラスアーケード。


熱海城



今回は秘宝館で時間を潰しすぎたために1時間しかいられなかったため、もう1度リベンジを誓って次の目的地へ向かった。



次の目的地は、「和田たばこ店」。
ゲームセンターとは縁がなさそうに思えるが、なんと10円から遊べるレトロアーケードゲームが多数設置してある駄菓子店であり、地元の子供たちにも人気のお店とのこと。
店主の方にお話を聞いていたら、お店の中にある10台だけではなく、別の建物にもかなりあって、実はそれ以外にも倉庫に数百台ものゲーム機があるとのこと。衝撃を受けた。

だがここでも時間があまりなく、色々とクリアできないゲームが多かったため、リベンジ必須となった。

その後ホテルへ向かい、チェックインを…