2016年 熱海旅行 1日目

今更感満載ですが、夏に行った熱海旅行の紹介をしたいと思います。


今回の旅行の目的は「ゲーセン巡り」。某ゲーム番組でやっていて実際に行ってみたいと思ったためである。


計2日間で行ったがかなり満喫できた。

初日、JR船橋駅からすぐに熱海駅へ向かう。途中下車なしである。

熱海駅そばのビル地下で地魚丼(1100円)をいただいた。



熱海第一ビル B1F お食事処「さくら」


半分くらいなんの魚かはわからなかったがかなり美味しかった。これだけの種類を食べられる場所はここくらいだと思う。


そして足湯に入ったりしてからバスで熱海城のケーブルカー乗り場へ。

バスに乗っている時の風景


ケーブルカー下にあったゲームコーナー。

ケーブルカーそばのゲームセンター。品揃えはあまりよくないが、電車でGO!や太鼓の達人(9代目とか)があった。でも1クレで1曲しか遊べないのはどうなんだろう・・・。


そして第一のメインスポット秘宝館へ。ここは入口以外は撮影が禁止されているため、写真が撮れなかった。
平日にも関わらず結構多くの人が来ていた。どういったものがあるかは自分の目で確かめてほしい。だがR18である。



熱海秘宝館


そして次の目的地、熱海城へ!


熱海城外観

熱海城内ではなんと着物の体験や肥桶の担ぎ体験(担ぐだけだが)等体験物が多く、子供でも飽きないような工夫がされている。

そしてなにより地下ゲーセン!
ミュージックガンガンやラブプラスアーケード等、今は稼働していないようなゲームが大量に置いてあり、そしてなんとそれら全てフリープレイなのである。

ミューガン2。今稼動してる店舗ってほとんどない。


ラブプラスアーケード。


熱海城



今回は秘宝館で時間を潰しすぎたために1時間しかいられなかったため、もう1度リベンジを誓って次の目的地へ向かった。



次の目的地は、「和田たばこ店」。
ゲームセンターとは縁がなさそうに思えるが、なんと10円から遊べるレトロアーケードゲームが多数設置してある駄菓子店であり、地元の子供たちにも人気のお店とのこと。
店主の方にお話を聞いていたら、お店の中にある10台だけではなく、別の建物にもかなりあって、実はそれ以外にも倉庫に数百台ものゲーム機があるとのこと。衝撃を受けた。

だがここでも時間があまりなく、色々とクリアできないゲームが多かったため、リベンジ必須となった。

その後ホテルへ向かい、チェックインを済ませたあとにホテル近くにあるあるしゃぶしゃぶ屋でお肉をいただいた。

食事処 ふくや


こうして1日目を終えた。かなりボリュームのある旅行であるが、2日目へつづく。

コメント

このブログの人気の投稿

製作中の音ゲー紹介と誰でも作れる音ゲーの作り方(誰でも作れるとは言ってない)

幸せに生きるってなんだろう

2016年 熱海旅行 2日目