投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

製作中の音ゲー紹介と誰でも作れる音ゲーの作り方(誰でも作れるとは言ってない)

イメージ
こんにちは、こまつなです。

この記事は、CCS Advent Calendar 2016の記事です。

人によってははじめましての方もいるかもしれませんが、一応CCS3年でプログラマを担当しております。

今回、私は現在製作中の音ゲーと、音ゲーの簡単な製作方法(とんでもなく適当)について書いていきたいと思います。

読みたい人だけ読もう。割と長いから。
1,製作中の音ゲーについて
まず、現在製作中の音ゲーについて。
以下の画像をご覧下さい。
2つのレーンにそれぞれ左は「L」、右は「R」のノーツが降ってきます。
ゲームパッドのLRボタンに対応します。

それに加えて、レーンがそれぞれ移動します。
以下の画像をご覧下さい。
右のレーンが右へ移動したあと、すぐに戻るようにノーツが置いてあります。
これは、ゲームパッドのアナログスティック、または、十字・○△□×ボタンに対応します。
レーンのみ、アナログスティックで操作する感覚です。

こんな感じのゲームを現在製作中なのですが、3D風にするため、レーンの端が切れてたり、かなり苦労している状態です。
なんとかC91のCCSのディスクに入れられるよう頑張りたいと思います。

今後は、C92で1サークルとして出たいと思っています。


ここで、1つ問題があり、現在収録曲が全く集められていない状況です。
譜面制作ツールはのちのち制作するとして、とりあえず収録曲が必要なのです。

冬コミ版に入れるのは難しいですが、C92以降でどなたか協力していただける方、@starealnightにリプライを送るか、starealnight@gmail.comにメールを送っていただけると助かります。
よろしくお願いします。


2, 誰でも作れる音ゲーの作り方 こっちがメインなはず()

音ゲーの作り方と言ってもそこまで詳しく説明するわけではありませんのでご了承ください。


今回は、弐寺やポップンなどのように、上からノーツが降ってくる&判定ラインで判定するようなゲームを作るということにしましょう。

やることは大きく分けて3つ。
①譜面の読み込み
②ノーツの設置(動き含む)
③判定


順番に説明しましょうかね。


①譜面の読み込み かなり重要です。これを一番最初にやらないと詰む。というか後からやると実装不可能になる可能性すらある。
「音ゲー 作り方」でぐぐるとそれなりに出てく…

幸せに生きるってなんだろう

突然重い内容になってすみません。Twitterでこういった内容を見かける度に口出ししたくなるので書き記します。幸福とは何か。あなたは幸福という言葉を聞いて何を考えますか?たくさん寝ること?美味しいものを食べること?ゲームをすること?人それぞれ違う幸福があると思います。そんなのはそれぞれ生まれも生き方も違うんだから当たり前。けど、自分が思うには、ストレスを感じないこと、これが第1だと思うんです。ストレスを感じないようにする、もしくは回避する、これが人生とも取れなくはない。人間ってのは脆い生き物だから、精神が壊れてしまうと直すのは難しい。だから回避しなければならない。今回はこれだけ。深くもなんともないね。それでも人生の方向を考え直す鍵になってくれると嬉しいですね(*'ω')